【目安】神戸市と板橋区間の引っ越し費用っていくら?

「神戸市から板橋区」、もしくはその逆の「板橋区から神戸市」へのお引越しをご検討されているあなたへ!

 

引っ越し準備をする男性

 

まずは、神戸市と板橋区の引っ越し費用(目安)をご紹介します。

 

神戸市⇔板橋区の引っ越し費用【目安】
単身 2,3人 4,5人
約3万〜11万 約7万〜30万 約9万〜36万

 

引っ越し費用には定額という値段設定がありません。

 

引っ越しする人の条件によって、見積り額に「倍以上の差」がつくことも珍しくないのです。

 

引っ越し費用を節約したいと考えておられるのであれば、以下でご紹介する方法を参考にしてみて下さい!

 

神戸市と板橋区の特徴【比較】
  • 神戸市の人口:約154万人
  • 板橋区の人口:約56万人
  • 両市間の移動距離:約528KM

【最大50%】神戸市と板橋区の引っ越し費用を安く抑える方法とは?

神戸市と板橋区の引っ越し費用を安く抑えたいあなた!

 

まず最初に利用すべきな方法として「一括見積サイト」が挙げられます。

 

見積り額ゲット

 

引っ越し費用を安く抑えたいという方であれば、必ず利用したい無料サービスとなります!

 

複数の引っ越し業者を比較できる見積りサイトには、果たしてどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

分かりやすく簡単に3つをご紹介します。

 

あなたの引っ越し費用の相場が楽に分かる

 

まず見積もりサービスを利用するためには、以下の情報を入力しなければなりません。

 

  • 現住所
  • 引っ越し先の候補となる住所
  • 希望する建物のタイプ
  • 希望する引っ越し日時
  • 荷物の情報

 

これらの情報をすべて入力すると、最短1分で料金相場が表示されるのです。

 

今回の引っ越し「神戸市⇔板橋区」における料金相場を簡単に取得することができます。

 

仮にこれを、自力で1社ずつ電話して見積もりの依頼を取ったとしたら…。

 

あなたの住所情報や引っ越し先、日時などなど、毎回同じやり取りを複数社とすることになります。

 

1社が20分程度だとすると、6社から見積もりを取るだけでも2時間以上の時間を費やすこととなってしまいます。

 

見積りサイトであれば一度情報を入力し、あなたの条件に合った業者最大10社からまとめて見積もりを取ることが可能です。

 

費用を最大限リーズナブルにできる

 

仮にあなたが自力で業者に見積もりの依頼をしたとしたら…。

 

業者側からすれば、一括見積サイトを通さず直接依頼してきたお客さんは「美味しい客」と見られがちです。

 

  • 引っ越し費用の相場を把握していない
  • 急ぎで引っ越しする必要があり余裕がない
  • 他社を意識した見積額を提示する必要がない

 

一括見積サイトを通して業者に見積もりの依頼を出した場合、業者側は自動的に「相見積もり」による依頼だと認識します。

 

相見積もりというのは、同じ条件で複数の業者に見積もり依頼を出すことをいいます。

 

つまり、業者側からすればお客さんに契約してもらえるように、最初の段階から他社を意識した安い値段設定で勝負してきます。

 

見積りサイトを通すだけで、値段交渉というテーブルにおいてお客側が有利な立場に立てるのです。

 

各種サービスや特典を受けられる

 

見積りサイトによって違いがありますが、最大10万円のキャッシュバックだったり、新生活に使える家電が抽選で当たったり…。

 

業者からのサービス以外で、見積もりサイト運営側からもお得なサービスを受ける事が可能となります。

 

仮に自力で1社1社に問い合わせたとしても、業者のサービスは受けられても、見積もりサイト側のサービスを受ける事はできません。

 

どこの引っ越し見積もりサイトを使うと良いの!?

 

引っ越しはしたいが面倒なのは嫌だ…。

 

そんな人にこそ「引越し価格ガイド」を使うことをおすすめします!

 

提携している業者の数は業界でもトップクラスの260社以上!

 

無料の一括見積もりで、あなたの条件にあった業者を最大10社まで絞って見積もり依頼を出してくれます。

 

無料で使えて引っ越し費用を抑える事が出来る、引越し価格ガイドを賢く利用しましょう!

 

引越し見積もり

 

引越し見積もりサイトを使うと、当然業者とのやり取りが発生します。

 

実際に家に来てもらって訪問見積もりをしてもらうのは、最初に見積もりを出してもらった業者の中から2社3社に絞る形が一般的です。

 

残りの業者には断りを入れる必要がありますし、来てもらった業者の間でも比較して最終的にお願いするところ以外はお断りをする必要があります。

 

こういったやり取りは値段を抑える為には必ずといっていいほど必要な作業となります。

 

しかし、それが避けられるなら避けたい…!

 

実は私の妻もこのタイプです。

 

逆に私はといえば、業者さんとのやり取りや駆け引きを、むしろ楽しむタイプです(笑)

 

私の妻と同じタイプの、業者さんとのやり取りを極力避けたいって人は、そのまま読み進めて下さい♪

 

もし、以下の条件が合うのであれば、業者との面倒なやり取りを極限まで避けて格安で引っ越しすることが可能となります。

 

  • 値段はリーズナブルならOKで、最安値を狙う必要はない
  • 急な引越しで、2,3日しか時間に余裕がない
  • 業者とのやり取りに楽しみを見いだせない

 

上記の条件に合う人であれば、最安値狙いとはいきませんが、相場よりも安くできる以下の引っ越し代行サービスがお勧めです。

 

 

専門の引っ越しコンシェルジュが、1度入力したあなたの引っ越し情報をもとに、代行して業者とやりとりしてくれます。

 

面倒な引越し業者とのやり取りや値段交渉を代行してくれるので、非常に便利に「神戸市⇔板橋区」の引っ越しを進める事が可能なサービスです。

引越し前に忘れずやるべき手続きとは?

神戸市と板橋区間の引っ越しを行うのであれば、引っ越し前にいくつもの手続きや準備が必要になります。

 

こうした手続きや準備の中でも、事前に知っておきたい10項目を確かめてみましょう。

 

賃貸物件の退去申告と引っ越し業者選び

 

二重家賃を防ぐために早めの退去申告を行い、複数の業者を比較した上で引っ越し業者を選ぶことが大切です。

 

不要品の仕分けや梱包資材の調達

 

引っ越し料金を抑えるためには不要品の仕分けが望ましく、小分けの梱包を見据えるのなら梱包資材の調達が欠かせません。

 

役所関係の手続き

 

住民票の移動手続きとして、役所へ転出届を提出する必要があります。

 

一般的には、転出届と同時に印鑑登録廃止届を提出する方法が活用されています。

 

クレジットカードの契約変更手続き

 

引っ越し時の契約変更手続きにおいては、以下の内容に要注意です。

 

  • 住所変更を行わないと新しいカードを受け取れない
  • 銀行口座を新しく作るのなら引き落とし口座変更もしなくてはならない

 

引き落とし口座変更の反映には、1か月から2か月かかります。

 

光熱通信関係の手続き

 

電力会社やガス会社のほか、水道局や電話番号の116番に利用停止と使用開始を申し込みましょう。

 

郵便物の転送届け

 

旧住所宛ての荷物を新住所へ転送したいときには、郵便物の転送届けといった手順を踏まなくてはいけません。

 

配達契約の変更手続き

 

電話や郵送の手続きが欠かせない配達契約も存在するので注意してください。

 

近隣への挨拶

 

引っ越し直前には忙しくなりますから、近隣への挨拶は引っ越し前日までに済ませる方法が推奨されます。

 

新居レイアウトの決定

 

新居レイアウトを決めておくと、引っ越しスタッフに対して細かな指示を実践できます。

 

荷造りと旧居の清掃

 

荷造りが間に合わないときには、業者から追加料金を請求される可能性があります。

 

旧居の清掃も少しずつ進め、当日の清掃作業を軽くしましょう。

 

引っ越し前には、引っ越しの準備に限らず、役所関係や光熱通信関係の手続きなども不可欠です。

 

手続きが遅くなると引っ越し後に不便な思いをしかねないため、準備や手続きは余裕を持ちながら実践していきましょう。

引越しコラムをご紹介します!

引越しをすることになったら、ネットの一括見積もりを効率的に活用して見積もりを申込みましょう。見積もり費用は取られませんし、引越し料金を比較することが出来ます。一括見積もりを有効活用して、複数の引越し業者に見積もりをお願いすることが大切です。業者により代金は大きく違います。引越しの相場を認識しておけば、低料金な業者をピックアップすることができるのです。

 

サービスが最悪な引越し業者に引越しを一任すると、不愉快な気持ちになってしまう公算が大です。それを防止するためにも、引越し業者をランキングの形で提示しているウェブページを活用していただきたいです。引越しする住まいに運び込む荷物につきましては、残してはいけないものだけにすることがポイントです。格安で引越しをしたいと考えているのであれば、持ち込む荷物をできるだけ抑えることが大事だと言えます。

 

口コミ評価をチェックすればユーザー満足レベルもはっきりしてきます。引越し業者の評判をチェックして、お願いする業者をセレクトするときの判断材料にすれば良いのではと感じています。エアコンの引越しを行なうと、思っている以上に費用が必要になると思います。長年に亘って全く同じエアコンを使用しているという状況だと言うなら、引越しすることを機に新しいものにしてもよいと思われます。

 

引越しの相場さえ掴んでおけば、相場よりも安い引越し業者を探し出すことが可能ですし、デタラメな費用を要求される業者には、引越しのお願いをしなくて済むようになります。引越しが理由でピアノ運送をする場合、運送途中のショックが元凶となって、ピアノのキーが変化する危険性があります。調律を行なってくれる業者に頼めば心配することもありません。これまで使っていたエアコンを新しい住まいでも使用する場合には、エアコンの引越しも同時にしないといけません。

 

プロによる工事が必要になってきますから、ある程度のお金が徴収されるはずです。引越しの準備をしていた時に見つけた数年前に手に入れた物品なども、処分してしまいましょう。中古買取店に不用品を処分するのだという気分で持ち込むと、幾らかのお金になることもあると思います。インターネット上の口コミサイトを閲覧してみれば、名の通った業者から一部の地域でのみ営業している決して大きくない業者まで、何社もの引越し業者の評判を知覚することができるはずです。

 

これまで使っていたエアコンを引越し後の家でも使用しようと思うなら、エアコンの引越しもしないといけません。専門業者による工事が必要になってくるので、1〜3万円程度のお金が掛かります。引越しをする日程を引越し業者に一任することで、引越しに必要な費用をかなり低額にすることが可能になるはずです。引越しをする日時にこだわらないのであれば、格安で引越しをする可能性が生まれます。

 

引越しを考えるなら、引越し業者に事前に見積もりを依頼しましょう。単身の引越しは「引越し単身パック」などもありますから、見積もりの依頼の仕方次第で、大きく費用を安くあげることが可能です。引越しの相場に関しては特に定まってはおらず、業者個々に違ってきます。引越し代金が最も高額な業者と最も低額な業者では、数万円ほどの差が生まれてしまうことも珍しくはないのです。

 

  • 板橋区役所
  • 住所:〒173-8501 東京都板橋区板橋二丁目66番1号 
  • 電話:03-3964-1111(代表)
TOPへ